北海道の病院に可能性を感じて

 北海道の病院で医療の仕事をしてみたいと考えている方がいらっしゃることでしょう。以前から北海道に住みたいと思っていたのが窺えて、定年退職後も北海道で老後を送ることを思い描いていると考えられます。北海道の病院へ転職することで、未来が切り開かれていく期待を抱いていて、その病院で満足いく仕事をしようとする想いで溢れているのです。

 転活した甲斐があって北海道の病院で働くことが決まった方は、病院が雪景色に同化していく様を想像しているのではないでしょうか。自分はつくづくロマンチストだと自覚しているのが窺えて、北海道の雪景色が北海道の特色を色濃く象徴しているように感じられてきます。北海道の病院で仕事ができることを心から嬉しく思っていて、その病院に転職したことが正しいことだと思えるように、日常を充実させることに努めるのです。

 北海道の病院から本州の病院に転勤することになった医療人が居ることでしょう。医療人として働けるならば、働く地域は問わないと思っているのが窺えます。自分を必要としてくれる病院で医療の力を発揮したいのです。本州の病院で働いていても、状況次第で今の病院に戻る可能性が無きにしも非ずだと見越しています。本州の病院でどこまで伸びていくのか興味津々になり、その病院への期待が膨らんでいくのです。その病院でも医療人パワーを存分に活かそうとする想いを抱いています。その病院に高い将来性を感じているのです。

  • Recent Posts